入社後のミスマッチを防ぐ意味でも、
採用ツールは重要な役割を果たします。

就職活動を通じて出会う企業。そのほとんどが、学生にとっては初対面です。事業内容はもちろん、社名すら知らなかった企業が、「働きたい企業」に変わっていく。
その道のりに有効な手段の1つが、貴社の魅力をアピールする採用ツールの導入です。ターゲット学生が求める情報を適切なタイミングで発信できるツールを制作し、採用活動の成功をお手伝いします。

採用ターゲットの心に響くツールになっていますか?

自社のアピールポイントがわからない・・・

インタビューを通じて貴社の魅力をキーワード抽出、学生に届く言葉で発信します。

その情報は、学生にとって魅力的?

学生が求めている情報について、パートナー企業の調査や独自のモニター学生の声を取り入れて作っています。

5年前のパンフレット・ホームページでいいの?

貴社の第一印象を決める採用ツールが、5年前の印象を持たれることに採用上のメリットはありま せん。

採用専用のツールを持っていない。

使い回しは絶対ダメ。お客様向けの言葉では学生は理解できません。「伝わる」表現に変えてアプローチしましょう。

ナビと合説で十分だと思っている。

採用活動の課題を解決するには、それだけでは足りない場合もあります。
伝わってないと感じたら、検討しましょう。

いつから作り始めればいいかわからない。

採用スケジュールは毎年細かく変わります。貴社の採用計画に合わせて、適切な時期をご提案します。

なぜ、採用ツールを作ると、
採用成功につながるのか?

学生が必要とする時期に、
欲しい情報を適切な言葉で届けられる

  • 言語・視覚化

    プロのライターや
    カメラマンに
    よる取材撮影で、
    魅力をわかりやすく。

  • ターゲット

    求める学生層について、
    傾向や考え方についての
    ノウハウがあります。

  • コンテンツ

    学生側が欲しい情報を
    学生の声を基に
    中身を構成。

  • タイミング

    採用スケジュールに
    合わせて適切な時期に
    適切なツールを。

採用フローに合わせた広報ツールの活用事例

STEP01

興味喚起

インターンシップ 就職準備イベント 就職情報プレサイト

就職サイトから会社HPに誘い、より詳しい企業研究を促す

STEP02

母集団形成

エントリー受付 就職イベント 就職情報サイト

イベントで配布やエントリー者に送付して情報を手元に残す

STEP03

理解促進/志望度UP

会社説明会 各種パンフレット、採用ホームページ、会社ホームページ、就職情報サイトコンテンツ

ホームページ等、Webコンテンツを充実させて他社との比較時に優位に
パンフレットは説明会で配布し、前フェーズより深い情報を学生に提供して志望度UP

STEP04

選考

試験・面接

STEP05

内定・フォロー

内定者フォローとしての、内定者向け・保護者向けパンフレット

保護者に向けた企業理解ツールを発信することで、安心材料に

STEP06

入社後

育成

新入社員や接客マナー等、研修用のマニュアルを作成

採用ツールについて話を聞いてみたい

お電話でのお問い合わせ

tel. 025-242-3555

採用ツール活用事例

イベントに参加する以外に、エントリーを促す方法はないか?

待つから“攻め”の採用へチェンジ!ターゲット学生に直接アプローチ。

就職情報サイトに登録している学生へ向けて直接ダイレクトメールを送付。自社の特長や求める人物像などを盛り込み、ターゲット学生へ届けました。
直接ポストに届くダイレクトメールはエントリー促進や説明会の告知としても高い効果が期待できます。親御さんの目に入り、期待以上の効果を発揮したケースも。

採用広報解禁前に、いち早く自社をアピールしたい!

採用専用ホームページを開設!まずは、会社の魅力や社員メッセージを先駆けて発信。

採用情報の解禁時期は決まっていますが、会社の魅力や社員メッセージを公開するのはOK!
そこで、学生が求める情報を集約した採用ホームページを開設しました。採用情報解禁前は自社紹介コンテンツを中心に、解禁後は採用情報を追加するスタイルです。

合同企業説明会で出会った学生に自社を強く印象づけたい!

パンフレット&ブース装飾で出会いを一層鮮やかに

初めての新卒採用。まずは就職サイトと合同企業説明会で活動スタート!
数多くのブースが立ち並ぶ合説会場で学生を積極的に呼び込むため、インパクトのあるブース装飾を導入しました。
出会った学生にはパンフレットを持ち帰ってもらうことで、後で思い返してもらいやすくなります。