他業界、他企業の管理者と学びを深め、
現場でマネジメント力を発揮する

管理者対象 連続型オープンセミナー《計5回》

趣旨・ねらい

管理者として必要な知識・スキルを習得する。
管理者には将来の会社の要として、新たなステージでの活躍が期待されています。
しかし実際には、高業績者がマネジメントに取り組むにあたり、自身の役割やそれを遂行するスキル・知識が乏しいことも多く見受けられます。
更に、外部から講師を招くにも対象者が若干名、効率的ではありません。
これらの県内各社様の課題を背景に、「各社で数名ずつの管理者が参加し、体験談や工夫した事例を継続的に共有し、現場で使える能力を身に付けること」が、本企画のねらいです。

●連続型であるメリット
 振り返りの機会、参加者同士の連帯感・親近感、学びと実践の反復による学習効果

●公開型であるメリット
 各社の負担額の緩和、企画コストの削減、同世代との交流機会による刺激

プログラム内容

1.管理者に求められる役割・マネジメントの意義
 【 2018年5月9日(水) 13:00 ~17:00】
 ① 管理者の役割を認識する
  ・ 組織の存在意義を認識する  ・ マネジメントの必要性を認識する
  ・ マネジメントの対象を認識する
 ② 管理者に求められる態度とは ~DPI診断~
  ・ 態度と態度能力を理解する  ・ 自らの態度能力を予測する
  ・ DPIテストを自己採点する  ・ 自らの態度能力を検証する
  ・ 管理者が鍛えるべき態度能力を知る
 ③ 事例で学ぶ管理者のマネジメント
  ・ 事例「時間をマネジメントする」
 
2.部下に若手社員の育成を促す
 【 2018年6月5日(火) 13:00 ~ 17:00】
 ① 若手社員の成長を促す原則を知る
  ・ 人間の成長に影響を与える行動とは  ・ 若手社員が取り組むべき「経験学習」とは
  ・ 若手社員が取り組む「経験学習」の支援策とは
 ② 事例で学ぶ若手社員の育成策 ~指導者への対応~
  ・ 事例「指導者を動機づける」  ・ 事例「指導者からの相談に乗る」
 
3.部下の定着や成長を促すコーチングと面談のスキル
 【 2018年6月26日(火) 13:00 ~ 17:00】
 ① コーチングとは
  ・ ティーチングとコーチングの違い  ・ 部下の状況に合わせた指導スタイル
  ・ 傾聴トレーニング
 ② 面談ロールプレイ
  ・ 状況設定を基に、部下との面談シーンを演じる
  ・ ロールプレイ後は観察者によるグループコーチングで振り返りを実施
 ③ ケーススタディ
  ・ 部下との面談時、どう対応するか  ・ グループ討議
 
4.会議の成果を高めるファシリテーションスキル
 【 2018年7月25日(水) 13:00 ~ 17:00】
 ① 会議ファシリテーション
  ・ 会議での4つの役割  ・ グランドルール
 ② 話し合いの可視化
  ・ 議題の対象化  ・ フレームワーク
 ③ 会議の始点と終点
  ・ 会議の「前・中・後」の問題点  ・ 目的、目標、論点、進行、宿題
 ④ ケーススタディ
  ・ 対立時の合意形成  ・ 問題行動への対処法
 
5.職場風土を改革するリーダーシップ
 【 2018年8月29日(水) 13:00 ~ 17:00】
 ① 職場風土を理解する
  ・ 職場風土とは何か ~醸成と改革~  ・ 望ましい職場風土とは
 ② 職場風土を改革する手段とは
  ・ 管理者はリーダーシップを発揮する  ・ 管理者は経営幹部へ提案する
  ・ 管理者は部下の行動変容を促す
 ③ 事例で学ぶ職場風土の改革
  ・ 事例「職場にオープンコミュニケーションを広げる」
 

実施要項

対象
係長、課長に就任して間もない管理者、またはすでに就任している方
日時
2018年5月9日(水)〜 2018年8月29日(水)【各回】13:00 ~ 17:00
定員
42 名
会場
NSG学生総合プラザ STEP 中研修室
>GoogleMapで見る
参加費
1名様 55,000 円(税別)
※1回のみのご参加の方は1名様 11,000 円(税別)となります。
※第5回のセミナー終了後、懇親会を予定しております。
 なお、ご参加費用が別途必要となります。

==助成金について==
本セミナープログラムは、「人材開発支援助成金」の申請をすることが可能なテーマ設定、時間設定です。
助成金申請に関する詳細については、新潟県助成金センター(025-278-7181)にお問い合わせください。
申込締切
【各回】2018年4月25日(水)