体感型演習によって、部下指導のスキルを習得する

【長岡会場】できる後輩・部下を育てる 現場での指導法(OJT)

趣旨・ねらい

上司は部下の成長に大きな影響を与えます。
「この人の下で働くと成長する」けど、「あの人の下だと……」という状況は多くの会社で見られます。では、「この人」と「あの人」の違いは何でしょうか。
私たちは、教え、教えられの経験があるため、人がどうすれば育つかという自分なりの育成論を持っています。ただし、残念ながらその育成論が通用しない新人・後輩・部下がいます。
では、何が必要かというと、きちんとした理論に基づく知識、スキルを得ることです。そのことで、“何を行い”“何を行うべきでない”かが明確になり、「この人」と「あの人」の違いを生みます。ぜひ、ご自身の成長のためにこの研修をお役立てください。
 
〈事前診断テストについて〉
OJT力診断テスト【DLL】をご参加前に受検していただき、診断結果をセミナー内で解説します。

プログラム内容

1.オリエンテーション
 ○ 仕事から学びへのスイッチの切り替え
2.現場での指導法(OJT)の定義と重要性
 ○ 「現場での指導=OJT」ってなに?
 ○ OJTがうまくいくとこんなメリットがある
   うまくいかないとこんなデメリットが……
 ○ 現場での指導の課題を見える化しよう
3.指導担当者(トレーナー)の役割
 ○ OJTを成功させる一丁目一番地とは
 ○ 指導者には“実は”4つの役割がある 《演習》
   ① お手本  ② 先生  ③ コーチ  ④ 熟練者
 ○ 自身の認識と実際の言動を振り返ろう
4.効果的なOJT手法を学ぶ
 ○ やってみせ 言ってきかせて させてみせ
   ほめてやらねば 人は動かじ
 ○ 成長に繋がる指導の4ステップ
   ① 準備  ② 提示  ③ 実行  ④ 評価
 ○ 相手の能力と意欲によって4つの指導スタイルを使い分ける
   ① 指示型  ② 支援型  ③ 主体型  ④ 権限移譲型
5.後輩・部下の話に耳を傾ける
 ○ 話の聴き方で得する人・損する人
 ○ 相手のやる気アップに繋がる聴き方 《体感型演習》
6.適切なフィードバックの仕方
 ○ どんな時に褒め、どんな時に叱りますか 《演習》
 ○ モチベーションを高める褒め方・認め方
 ○ 改善につながる叱り方・伝え方
7.OJTの全体像を再確認する
 ○ 部下育成は意図的・計画的・継続的に行う
 ○ DLLの結果を振り返る
8.1日の振り返り
 ○ 質疑応答
 ○ 学びから仕事へのスイッチの切り替え
 
 
==講師プロフィール==
坂本 行廣 氏(プレイフルワークス㈱ 代表取締役)
同志社大学 経済学部卒業。
人材・組織開発コンサルティング会社にて、組織風土変革、理念伝承プロジェクト、次世代リーダー育成、及び階層別教育など様々なプロジェクトのマネジメントに従事。
2013年、プレイフルワークスの代表として独立。その後法人化し、プレイフルワークス㈱代表取締役に就任。
人材・組織の課題に対し、プレイフルな(前向きで遊び心のある)発想で提案し、コンサルティング、研修、ワークショップ、コーチング等を活用しながら課題解決することで、人と組織の成長に貢献している。
体感型のプレイフルな研修は、常に笑顔が溢れ、高い評価を得ている。

実施要項

対象
OJT担当者・部門長・人事担当者など
日時
2021年5月26日(水) 09:30 ~ 16:45
定員
35 名
会場
長岡商工会議所 6F・601大会議室
>GoogleMapで見る
参加費
1名様 13,000 円(税別)
※5/19以降に参加の取消しをされる場合は、キャンセル料が発生します。
申込締切
2021年5月20日(木)