自己成長への手がかり ~1年間の経験から学ぶ力を習得する~

2年目の更なる成長に向けて 新人・若手社員フォロー研修Part2

趣旨・ねらい

これまでの社会人生活を丁寧に振り返ることにより、今後の更なる成長に向けた意欲を高めます。
また、他社の新入社員や先輩上司のメッセージから、これまでの自己に対する客観視と目標設定を行います。
《内容》
 ① 観察するコミュニケーションについて
 ② 積極的、自主的に働きかけるコミュニケーションについて
 ③ 自己概念と受容について

プログラム内容

1.振り返り
① 強み ② 弱み ③ 今、やりたいこと ④「私マップ」を1人になり書きながら、丁寧に自分の成長を振り返る。
2.バーバル(言語)・コミュニケーション
断片的な情報をもとにチームで課題解決をする、やや難易度の高い実習。
3.ノンバーバル(非言語)・コミュニケーション
無言でジェスチャーも制限されている中、チーム全員が与えられた紙片を使い、同じ大きさ、形の図形をつくるという課題。非言語コミュニケーションとは何か、観察するとはどういうことか、またチームで協力することの意味も学習する。
4.組織の中のコミュニケーション
役割、他部門、役職のある組織をつくり、課題を達成する実習。組織の中での効果的なコミュニケーションとは何か、自ら働きかけるとはどういうことかを学習する。
5.フィードバック
小講義『自己概念と受容について』
事前に依頼をした先輩上司からのメッセージを手渡す。
(職場での態度や仕事への取り組み姿勢、2年目に向けてのエール等)
6.これから(目標づくり)
先輩上司からのメッセージをもとに、明日からの目標づくりを行う。
 
※ 事前に先輩・上司の方からのメッセージ作成をご依頼します。
 
 
==講師プロフィール==
下平 英美 氏(人材開発研究所 代表)
1987年全日本空輸㈱客室乗務部入社、1991年退職後、トレーナーとして活動を始める。
1998年ファシリテーター認定資格取得(㈱プレスタイム)、コーチ認定資格(CTIジャパン)を取得。
南山大学人間関係学部星野・津村教授の指導のもと、C.O.D(組織開発)に基づいた人間関係トレーニングを主体としたマナー、コミュニケーション、マネジメント、フィードバック研修などを得意とする。
「主体性」「本質」「リアルな人間関係」を追求する研修スタイルであり、厳しいが温かい。行動変容させる技は白眉、との評価を得る。

実施要項

対象
新入社員および若手社員の方 (学歴・職種不問)
日時
2022年2月中旬予定 09:30 ~ 16:45
定員
36 名
会場
新潟ユニゾンプラザ 4F・大会議室
>GoogleMapで見る
参加費
1名様 18,000 円(税別)

==新人・若手研修オープンパック(3回分)==
新人・若手社員を年間で育成するプランです。
下記3つの研修を同時にお申込みいただいた場合、
セット割引を適用します。
【1名様 64,000円(税別) ⇒ 55,000円(税別)】
●新人・若手社員オープン研修(2021年3月 または 4月)
●新人・若手社員フォロー研修(2021年9月)
●新人・若手社員フォロー研修 Part2(2022年2月)
※途中でキャンセルされても返金いたしませんのでご了承ください。
申込締切
2022年2月上旬予定