自社にとって最適な人材育成計画の立案手法と実践

趣旨・ねらい

状況やビジョンが異なれば、自社にとって最適な人材育成プランも変化します。
それでも他社をモデルにしますか? または、5年前と同じ教育体系でいいのでしょうか?

人材育成を実施して高い成果が出る会社もあれば、出ない会社もあります。その差は何でしょうか? 一つの答えは、自組織に適した育成プランにあります。経営環境や方針は各社各様のため、効果的な人材育成プランも企業によって大きく異なります。本セミナーでは、自社にとっての理想的人材を策定し、自社の仕事を分析することで、より適切な育成計画を立案する実践的な手法をお伝えします。
自社にとって本当に価値のある人材育成計画は、自社にしか作れません。本セミナーが、貴社の人材開発の一助になれば幸いです。

==参加者様特典==
「人材育成計画フォーマット」を進呈!
さらに、後日人材コンサルタントが添削・アドバイスをいたします。

プログラム内容

1.721の法則 ~仕事7割:指導2割:研修1割~
2.育成目標を立てるためのHIパフォーマー分析
3.仕事分析のいろは ~どんな仕事でどんな力がつくのか~
4.育成計画を立てる際の注意点 ~どういう順序で何を行うのか~
5.広報しえんがサポートする人材育成・教育研修
 
 
==講師プロフィール==
曽和 利光 氏(㈱人材研究所 代表取締役社長)
京都大学教育学部教育心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライフネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務やコンサルティングを経験、また多数の就活セミナー・面接対策セミナー講師や上智大学非常勤講師も務め、学生向けにも就活関連情報を精力的に発信中。人事歴約20年、これまでに面接した人数は2万人以上。2011年に株式会社人材研究所設立。

実施要項

対象
※1社につき2名様までお申込みいただけます。
経営者・人事ご責任者・総務ご責任者の方
日時
2019年12月9日(月) 13:30 〜 17:00
定員
42 名
会場
朱鷺メッセ 3F・中会議室301
>GoogleMapで見る
参加費
1名様 3,000 円(税別)
申込締切
2019年12月3日(火)